フリークな日々

crankshaft.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:音楽 / Music( 11 )


2018年 01月 10日

Philips 423 portable player ~フィリップス 423 レコードプレイヤー~

At '70s , Philips produced super cool portable player such us 303 UFO and 423 suits case.
Those are really cool icon even until now.

There are three colors red, black and white.
f0214026_15055733.jpg
オランダのフィリップスが1970代まで販売してたポータブルレコードプレイヤー“423”。
423が出るまでは、ダストカバーや蓋がスピーカーになる、ケーブル接続式の113や133などが主流でした。
1960年代後半になると、ピクニックなどで重宝される、通称 “スーツケース” 型が開発され、003や110など、角ばった物でした。
1970年代にかけては、423が登場し、若干の丸みを帯びるようになり、113と同じように、同じ形でカラーバリエーションが増えるようになりました。

また、423はフィリップスが販売したポータブルレコードプレイヤーの最終型だったと思います。
f0214026_15101681.jpg

423は赤、黒、白の3色が展開され、赤の流通量が一番多かったように思います。
但し、ハッキリとしたデータに基づいた根拠がある訳ではありません。

さて、この423ですが、乾電池を含め、240、220、127、110Vの電圧、周波数は50Hz/60Hzの両方へ対応するなど、輸出を視野に入れたモデルでもありました。
回転数も33、45、78まで対応。
f0214026_15103739.jpg
f0214026_15175457.jpg

屋外で使われることが多かったため、アームのハンドルが折れている個体が多く、また、取説が捨てられることがほとんどだったため、ターンテーブルが外れないように仕込まれてるスプリングが途中で無くなり、存在自体を知らない人の方が多いと思います。(スプリングが無くても使用上には問題ありません)
ボディが堅牢なので、音がしっかりとしていて、音量もかなり大きくなります。
室内では、まず音量最大で聴くことなど無いでしょう(笑)
f0214026_15185448.jpg
f0214026_15112761.jpg
作りも単純ですが、コロンビアのGP-3と比べるとプラスチックの質も高く、堅牢にできてます。(423にはピッチコントロールは付いてませんが…)
カートリッジもまだ手に入りますし(純正はディスコン)、今年のキャンプはこれを連れ出そうかと画策中。
f0214026_15145469.jpg
f0214026_15192517.jpg
レコード見本市で中古のレコードを漁るときの必須アイテムで、みんなこれを持ち歩きながら会場を回ってました。

f0214026_15204715.jpg
上の写真は押し入れから出てきた奇跡の箱入り新品(笑)






[PR]

by crankshafts | 2018-01-10 15:23 | 音楽 / Music | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 21日

Philips Cartridge 214 & 215 ~フィリップスのカートリッジについて~

その昔、1970年代にはポータブルレコードプレイヤーが日本国内を含め、多くの国で販売されていた。
f0214026_08041380.jpg
プレーヤー自体の話はとりあえず置いておくが、交換針(カートリッジ)について思い出したので書き留めておく。

Philips GP-214とGP-215の話をよく聞く。
良く聞くと言っても、限られたグループからのマニアックな話なのだが…(笑)

違いについて議論されることが多いが、違いは単純。
先端の針の素材。
サファイアとダイヤモンドの違い。

また、機能上の差は無いが、GP-214はオレンジ、GP-215は白のスタイラスカバーが付いている。
これは、ポータブルレコードプレイヤーの性質上、可搬されることが多いので、途中でアームが暴れた場合の保険みたいな物。

では、ダイヤモンドとサファイアの違いはどーだろう。
レコード針の老舗、NAGAOKAのホームページに興味深い記述があったので、参考までに。
http://www.nagaokatrd.co.jp/life/life_03.html

結論から言うと、後発のGP-215はサファイア(GP-214)の10倍以上、長持ちすると言う事。
但し、理論上の話であり、ポータブルプレイヤーの性質上、どこまで音質を求められる(期待する)かは、各々の好みとこだわりですね。

まとめ
GP-214
サファイア針&オレンジ色のスタイラスカバー
f0214026_08014039.jpg
GP-215
ダイアモンド針&白のスタイラスカバー
f0214026_08020177.jpg

オランダの通貨がギルダーだった頃に、レコード市でプレーヤーをもっと買っとけば良かったな…
今では非常に貴重ですし、洗練されたデザインに今更ながら惹かれます。






[PR]

by crankshafts | 2017-12-21 08:11 | 音楽 / Music | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 28日

OKAY TEMIZ "Music For Xaba"

食べ物が続いたので、久しぶりにレコード。
トルコ出身の打楽器奏者、OKAY TEMIZ。
自身のアルバム以外にも幅広く参加してますが、特に好きなのは初期の作品"Music For Xaba"
Universal Folk Soundsシリーズの第一弾。
乾いたピアノと透き通るトランペットの音が心地よく、特に"Traditional South African Songs"が好きです。


f0214026_09113577.jpeg



[PR]

by crankshafts | 2014-08-28 09:00 | 音楽 / Music | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 04日

The Herbaliser Band


One of most unlikely Hip hop band called "The Herbaliser Band".

Now it out Session one & Session Two by CD from K7 records.

Still surprised me so in Jazz & Hip hop with groovy 9 musicians.

f0214026_8264575.jpg


f0214026_8265640.jpg


The Herbaliserが2000年に The Herbaliser Bandとしてリリースした10インチ2枚組のミニアルバム。

懐かしくて、久しぶりにCDを探してみると、なんと2009年にSession 2もリリースしてた。

しかも、Session 1&2が一緒になったCDもK7からリリース中。

打ち込みのHipHopを総勢9人の演奏者によるJazz Grooveに仕上げます。

Jazzなのかと聞かれると微妙ですが、ジャンル分けをせず、Jazzというキーワードで嫌悪感を抱かれる方、一度お聞きあれ。
[PR]

by crankshafts | 2012-09-04 08:28 | 音楽 / Music | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 11日

"Nerez" from Czechoslovakia


The trio come from Czechoslovakia that more like folks and bossa nova.

Specially the album "Masopust" in 1987 is one of great nice for pleasant in summer.

f0214026_9494078.jpg


このジャケットでは説得力がありませんが、チェコの3人組。 このアルバムは4人ですが。

現在も活動中のようですが、特に1987年のアルバム"Masopust"に収録の「Pismenka」は緩やかで気持ちの良いヨーロピアンボサノバ。

ラオスが続いたので、たまには音楽ネタでも。
[PR]

by crankshafts | 2012-08-11 09:51 | 音楽 / Music | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 01日

The Foggy Dew / TELENN GWAD / 霧の滴

I really loves Irish trad.
Specially "The Foggy Dew" by Alan Stivell called "TELENN GWAD".
Also the song covered by Japanese folk ? Rock ?? Band "Soul Flower Union".
Even Japanese lyrics are so noble ambition.
If you loves this, you may loves "Mangetsu no Yuube" too.

f0214026_1549091.jpg


山グッズの話が続き過ぎました。

ケルト音楽の重要人物、"Alan Stivell"さん。

ほとんどのアルバムはLPで持ってるんですが、CDの再発を最近購入。

今更ですが新たな発見!

ソウル・フラワー・ユニオンの"霧の滴"という曲と、Alan Stivellさんの"Olimpia"というアルバムに収録されてる"TELENN GWAD"が同じアイルランド民謡の"The Foggy Dew"だという事に今更驚く。

ロックや、フォーク、更には、ジャズに飽きた方は、一度、Alan Stivellさんをお試しあれ。

この人、他にも素晴らしい曲が沢山ありますし、何より切ないケルティック・ハープの音にやられます。
[PR]

by crankshafts | 2011-06-01 15:59 | 音楽 / Music | Trackback | Comments(3)
2011年 04月 20日

"MAGMA"


It was just about 10 years ago.
I drove thru Spijkenisse Netherlands to Vitry-le France takes 7 hours get it.
Almost same as get to Paris.

"Magma" is the one of the odd band.
Not only in progressive rock band.
Even they play "You've got to have freedom"

f0214026_86829.jpg


手帳を整理してたら、10年前のライブのチケットが出てきた。
その昔、車を飛ばしてオランダの南部の町から、パリの脇を越えて見に行った"Magma"のライブ。
当時、meteo君が遊びに来てて、記憶では7時間くらい走った。

決して、大衆受けはしないでしょうが、昨年のフジロックフェスティバルにも来日。
ボーカルとメロディの美しさは、プログレというジャンルの枠には入りきれません。
[PR]

by crankshafts | 2011-04-20 08:13 | 音楽 / Music | Trackback | Comments(1)
2011年 03月 22日

LUXMAN MQ-88u


Japanese craftsman ship is back.

KT88 is Still alive and guiding Vacuum tube world.

f0214026_8473289.jpg


f0214026_8474351.jpg


LUXMAN MQ-88u

美しい。

震災の影響もあってか、発売が遅れるようです。

日本の底力。頑張れ、真空管!

車もですが、オーディオも若者離れが進んでるようですね。

カメラもマイクロフォーサーズで巻き返し中ですが、マニュアルレンズの楽しさなど、もう少し頑張って欲しいような…
[PR]

by crankshafts | 2011-03-22 08:53 | 音楽 / Music | Trackback | Comments(1)
2011年 03月 01日

Radio Noisz Ensemble "Yniverze"


Re-Issued CD with 6 bonus tracks.

It only released 1,000 copy of LP in Germany 1982.

This is the superb oriental band likes "Between" and "Third Ear Band"


f0214026_1627297.jpg



その昔、凄い適当な感じのディーラーから購入した、奇跡の名盤。

後で知った話ですが、1000枚しかプレスされなかった(っと言うか、内容が。。。。ねぇ。)

6曲もボーナストラックが入り、おまけにこのアルバムの後にリリースされたカセットまでCD化。

中近東や東南アジア、そしてドイツのフォーク的な要素が混在する奇異のバンド。
[PR]

by crankshafts | 2011-03-01 16:39 | 音楽 / Music | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 01日

"UTAU"

A Project of Taeko Onuki & Ryuichi Sakamoto.

" UTAU "

f0214026_9213437.jpg



教授のこの空気感が心地よい年齢になってきたのかな。
[PR]

by crankshafts | 2011-02-01 09:26 | 音楽 / Music | Trackback | Comments(0)