フリークな日々

crankshaft.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 23日

Pinzgauer Diff lock refresh ~ピンツガウアー デフロック オーバーホールの巻~ その1

今回は長文で、ほとんどの方には意味不明なので、早々に割愛ください(笑)
f0214026_09174035.png
さて、かねてより懸案事項でしたPinzのデフロックが入らない&戻らない問題。
放置しててもしょうがないので修理に取り掛かる。
当初はアッセンブリーでの交換を考えてたが、オーストリアのPUCHから取り寄せると20万円以上。
その他の海外からでも10万円コース。
シリンダー内部のシール交換なら大したことは無いと決め込み、部品図などを元に個別発注。
いざスタート。
f0214026_08030797.jpg
まずは、3本のレバー先端の黒いグリップをウエスなどでくるみ、プライヤーで引っこ抜く。
次に、インジケーターパネルの両端のクイックレリーズをマイナスのドライバーで90°回して外す。
裏側の電球を割らないように引っ張って分離。
その次に、シフターのガイドカバー四隅にあるねじをプラスドライバーで緩め、カバーを外す。
ここまで来ると、内部の配管やリザーバータンクが露出。

当初は3本あるシリンダーを個別に分解すると考えてたが、軍用車両にそんな面倒な組み立てはしてないと決め込み、色々トライしてると、シリンダー後ろの配管を外せば、シリンダーステーごと、手前に引き出せることが判明。
早速、配管を外す作業へ。
f0214026_08135111.jpg
ここで、失敗したのが、配管のテーパーナットを外そうとしたこと。
アルミ製に加え、スペースの問題で力が加えにくい。
お尻に付いてる真鍮製のナットを外す方が後から組み立てるときに配管の角度を気にしなくて良い。
f0214026_08221307.jpg
作業の段取り的には、この時点で先にプッシュロッドとレバーを一緒に引き抜けば、本体を引き出すときにスペースが生まれ、楽でした。
但し、ここで注意が必要なのが、プッシュロッドとシリンダーのクリアランスの確認。
レバーを手前にゆっくり倒し、抵抗がかかる位置をざっくり確認。
マニュアルでは0.5mm(最小で)が規定値。
大きくなり過ぎた場合はどうなのかと疑問に思うが、そのまま続行。
f0214026_08454806.jpg
f0214026_08242264.jpg
シリンダーブラケットから、各シリンダーを外し観察。
写真では2個しか映ってませんが、実際には3個。
712だと4個ですね。
f0214026_08243432.jpg
当然、固着してるので、今回はパーツもそろってるので豪快に配管側からピンで打ち抜く。
本来であれば、エアーを吹き込めばピストンが飛び出す。
f0214026_08244639.jpg
予想以上に汚い。
これでは動くはずもない。
この時、しっかりと写真を撮っておくと、シールの向きやワッシャーの位置などを間違えないで良い。
f0214026_08324818.jpg
今回はFAGのオーバーホールキットを使用。
f0214026_08325751.jpg
上が新品。
スプリングに装着されるゴムなど、何点かオリジナルと微妙に違いますが気にしない(笑)
f0214026_08505605.jpg
さて、ピストンのシール交換。
f0214026_08330911.jpg
ピストン自体はアルミ製なので傷をつけないように慎重に交換。
本当はピストンの先端についてる白い樹脂製のプッシュロッドシートも交換するべきだったが、クリアランスの再調整が面倒だったので交換せず。
今考えれば、部品が手元にあったので交換すれば良かったな…と後悔。
f0214026_08524786.jpg
ブーツ先端にもダストカバーを取り付け、ラバーグリスを塗って、組み立て。
f0214026_08522677.jpg
組み立て時の写真が少ないのは猛暑のせいだと思いたい。
f0214026_09040249.jpg
ハイ!
完成。
このまま車両へスライドさせて押し込み、配管をつないでひとまず終了。
エア抜きなどはまた次回。



[PR]

# by crankshafts | 2017-08-23 09:39 | 車 / Cars | Comments(0)
2017年 07月 27日

Mae Varee Fruit Shop ~マンゴーはお好き?~

"Mae Varee Fruit Shop"
If you are Mango addict, you better be there.....


f0214026_08063207.jpg
f0214026_08064746.jpg
バンコクでマンゴーと言えばココ。
尋常じゃ無いくらいの量を山積みにしてるけど、決して売れ過ぎたものを販売してるわけではなく、店員さんも丁寧に選んでくれてとても親切。
中心街にこのようなローカルな店があるのは不思議だが、マンゴー好きな方は是非。
日本への持ち帰りは検疫チェックをお忘れなく。

55 Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ

[PR]

# by crankshafts | 2017-07-27 09:02 | グルメ / Table | Comments(0)
2017年 07月 26日

Pho in Ho Chi Minh またまた麺ですが… ホーチミン編

One of the Best " Pho " in Ho Chi Minh....
Can't choose one there are so many choices...
If you want to go more local, you can also try " Phở Thanh Bình ".

さて、備忘録的な感じで麺が続いてますが…
今回はホーチミンのフォー。
地元民からすると少々高めですが、野菜も多く、是非とも立ち寄りたい名店です。
金額の理由は、他の屋台のようなお店に比べ、レストランに近いからかもしれません。
屋台的な名店が良ければ、" Phở Thanh Bình "がおススメです(笑)

f0214026_11514800.jpg

260C Pasteur, phường 8, Quận 3, Hồ Chí Minh, ベトナム



[PR]

# by crankshafts | 2017-07-26 09:47 | グルメ / Table | Comments(2)